本文へスキップ

初心者から上級者まで楽しめる鹿児島のアウトドア&焚火を囲む同好会 Kagoshima Bonfire Laboratory

プロフィールprofile

かごしま焚火研究会は、アウトドア活動を通して幅広い世代の交流を目指しています。

組織・役員 ※任意団体につき一部役員が匿名希望です。笑って許してください。

役職 名前(ニックネーム) 役割/担当
会長 ほんだ しずか
本田  静
広報担当、スポークスマン
企画立案、統括、実施 等
会長補佐 エージェントN スタッフスキルアップ指導員
竹林整備、農作物等管理
竹材提供 MC担当 減量部長
 副会長  エージェントS 運搬計画、ドライバー
野営指導員 原付部長 他
 副会長  エージェントC  竹遊び指導員
オリジナル焚火台開発
登山部部長 他
 役員 ゆうこ先生  野外炊飯指導員
キャンプファイヤーと音楽担当
会計 おさむ先生 本会の会計全般を担当

かごしま焚火研究会について ※これはマジメに

1. かごしま焚火研究会の目的
 焚火が直接的・間接的にもたらす効果効能は、「癒し」や「学び」や「高揚」、そして「生きる」といった他のコンテンツでは得難いものばかりです。
 一方で、生活環境や居住空間の変化により、大人も子どもも直接火を見たり火を起こすために薪を成形するために刃物を取り扱ったりする機会が減少しています。
 そこで、焚火から学ぶ様々なことを子どもたちに提供する任意団体「かごしま焚火研究会」を2013年に発足させました。

 本会では、野外で火を起こし、火を使って調理し、風呂に入り、暖を取る活動等を通して、正しく火や刃物を扱う方法やルール、強調し江、危機管理能力を身に付けるとともに、家族や仲間と野外で過すことで季節感を感じ、自然を愛でる情操を育むことを最大の目的としています。
 また、参加者を指導する立場の者のスキルアップを継続的に行うほか、施設の下見を行って最新の情報を公開するようにしています。

2. 活動の特長
(1)活動場所は、主に地方会場
 生活している環境から物理的に遠い地を知り、繰り返し足を運ぶことで、地方地域に対する愛着がわくと考えています。

(2)鹿児島の伝統的な教育「郷中(ごじゅう)教育」を取り入れる
 年長者が年少者に指導をし、世話をし、話し合いを重ねてより良いものを生み出すという鹿児島の伝統的な教育「郷中教育」の要素を取り入れています。

(3)火に対する畏敬の念を育む
 自然への畏敬の念に加え、火に対する正しい向き合い方が体験できるような働きかけを行います。

(4)労働から得られる達成感や成果物に喜びを味わう
 必要な道具の準備や、危険予測や安全管理、仕上がりイメージを持ちながら調理体験をしたり工作を行ったりすることで「美味しい」「きれいにできた」などの成功体験を重ね、自然の中で遊び喜びを深めていくようにしています。

かごしま焚火研究会

〒892-0842
鹿児島市東千石町15-15-2F音楽館Rain内 (株)宙の駅

TEL 099-226-8464
Email:kagoshima.takibi@gmail.com